【外務省】新型コロナウイルス感染症に関する緊急情報 >
Twitterはこちら メディア取材のご依頼

50歳で中国人女性と国際結婚できました。

50歳で中国人女性と国際結婚できました。 婚活コンサルタントの国際結婚奮闘ブログ

中国人と国際結婚をしたゲンさんです。

私は中国人の妻と2012年に婚約し幸せな日常を過ごしています。結婚相談所に騙され続けて友人の紹介で今の中国人女性の妻と知り合いました。考えてみると早いもので、あっという間に過ぎてしまいました。。。

このブログでは、現実に国際結婚をしている当事者として、良いことや苦労することを含めて、本音の話を書いていきます。将来のパートナー選びとして国際結婚を選択肢に考えられている方にとって、参考になるブログを目指していきたいと思います。

今回は弊社で国際結婚された埼玉県在住の日本人男性Bさんと、遼寧省出身の中国人女性Gさんのエピソードをご紹介します。

中国人女性と国際結婚に至ったエピソード【あらすじ】

離婚歴のある50代の日本人男性Bさんから、「次また縁があれば、幸せな家庭を築きたい」と思ってご相談いただきました。日本人がお相手の結婚相談所にも問い合わせをされたり、婚活パーティーに参加されたりと積極的に行動を起こされていましたが、どうも気持ちにフィットする出会いがなかったとのことで、国際結婚を視野に入れて再スタートを切られました。

中国人女性と国際結婚に至ったエピソード【婚活編】

その後、Bさんは6月に5人の中国人女性とビデオチャットされ、その中で30代のGさんのことが気になるとのことで、お見合いを決意されました。

Gさんは「優しい方であれば、お会いするのはたためらわない。」とのことだったため、同年の7月に中国人女性Gさんとのお見合いが実現しました。

Bさんはとても真摯で、中国人女性であるGさんのことを優しくナコードされておられました。Gさんも今回の国際結婚を前向きに考えておられたため、その後もお見合いは順調に進み、徐々に距離を縮めていかれ遂に交際に踏み切られることになりました。

中国人女性と国際結婚に至ったエピソード【成婚編】

その後も交際は順調に進み、Gさんとの結婚を意識し始めたBさんはプロポーズを決意されます。

二度の訪中でかなり負担が大きかったはずですが、その労力を惜しむことなくプロポーズをされたBさんの気持ちに中国人女性のGさんも快く受け容れてくれたとのことです。

その後、ご両親への挨拶と役所への結婚の届を済まされ、大連のホテルで無事に挙式を挙げられました。今はGさんの在留資格もスムーズに下り、仲睦まじく暮らしていらっしゃいます。今後の目標として、お二人でお子さんを設けるお話しもされているとのことです。

中国人女性と国際結婚に至ったエピソード【まとめ】

国際結婚では、成婚を目的にビデオチャット、お見合いと進行していきます。

初婚の方は、不安も付きまとうため時間がかかってしまうのも当然ですが、再婚となると年齢が問題となってくるため、ご決断も早くなるのが特徴です。一方、中国人女性は、初婚であっても男性に期待が持てれば決断が早いのが特徴です。その理由としてはいくつかあるのですが、一つは日本に比べて中国の男女比率(女性の方)が多いことが挙げれます。もちろん、中国人女性も見た目や性格、そして経済的な理由を重視される方もおられますが、詳しくは次回のブログでそれをお伝えしたいと思います。

コメント