【外務省】新型コロナウイルス感染症に関する緊急情報 >
Twitterはこちら メディア取材のご依頼

日本の結婚相談所とどう違うの?国際結婚相談所の違いと特徴

中国人と日本でお見合い!?国際結婚相談所が提供するお見合い 婚活コンサルタントの国際結婚奮闘ブログ

中国人と国際結婚をしたゲンさんです。

私は中国人の妻と2012年に婚約し幸せな日常を過ごしています。結婚相談所に騙され続けて友人の紹介で今の中国人女性の妻と知り合いました。考えてみると早いもので、あっという間に過ぎてしまいました。。。

このブログでは、現実に国際結婚をしている当事者として、良いことや苦労することを含めて、本音の話を書いていきます。将来のパートナー選びとして国際結婚を選択肢に考えられている方にとって、参考になるブログを目指していきたいと思います。

今回は、日本の結婚相談所と国際結婚相談所を比較した場合の違いを自らの実体験を基に解説してみたいと思います。

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い【日本の結婚相談所】

日本の結婚相談所では、「データマッチング」を重視しています。

男性のプロフィールを取得すると希望するお相手へそのプロフィールを送り、あとはお相手の気持ち次第という運営がほとんどです。中には間にナコード役が入ってマッチングを勧めてきますが、それも必ず指名した女性とマッチングするかというとそうではありません。

自分のスペックが高ければ、データマッチングもありだと思うのですが、私のように年齢もそこそこいっているとなかなかそう簡単にはいきません。故に、私の場合は高額な登録料と会費を支払ったにもかかわらず、希望するお相手に会えないまま、徒に時間とお金ばかりが「消化されて」終わっていました。

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い【国際結婚の場合】

いっぽう国際結婚では、事前にお届けしたプロフィールから、「この人と、お話ししてみたい。」と希望された方と、ビデオチャットをおこないます。

そもそもビデオチャットは、遠方にいるからこそ必要とされ導入されたのですが、ビデオチャットが微妙な距離感を保ちながら会話ができるため、お互いの意思疎通が図りやすいのです。これは良くも悪くも答えを導きやすい手法だと私は思います。そしてビデオチャットでお互いのことを理解したうえでお見合いへ移行するので、スムーズに事が運べます。

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い【まとめ】

日本の結婚相談所では、データマッチングを重視しているため、プロフィールだけで結論を出されることも少なくありません。

一方、国際結婚相談所では、プロフィール交換のあとにビデオチャットを挟むので、会える可能性が高いうえに、いい距離感を保ちながら会話ができるため、お相手にも好印象を与えることができます。

日本の結婚相談所も双方の間にナコード役が必ず入り、様々な手段を用いて男女に提案してもらえれば成婚率もあがってくると私は考えます。

コメント