日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い

大家好!
皆さん、こんにちは。「コクサイ婚」マツムラくんこと松村 元です。

今回は、日本の結婚相談所と国際結婚相談所を比較した場合の違いを自らの実体験を基に解説してみたいと思います。

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い【日本の結婚相談所】

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い

日本の結婚相談所では、「データマッチング」を重視しています。
男性のプロフィールを取得すると希望するお相手へそのプロフィールを送り、あとはお相手の気持ち次第という運営がほとんどです。
中には間にナコード役が入ってマッチングを勧めてきますが、それも必ず指名した女性とマッチングするかというとそうではありません。

自分のスペックが高ければ、データマッチングもありだと思うのですが、私のように年齢もそこそこいっているとなかなかそう簡単にはいきません。
故に、私の場合は高額な登録料と会費を支払ったにもかかわらず、希望するお相手に会えないまま、徒に時間とお金ばかりが「消化されて」終わっていました。

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い【国際結婚の場合】

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い

いっぽう国際結婚では、事前にお届けしたプロフィールから、「この人と、お話ししてみたい。」と希望された方と、ビデオチャットをおこないます。
そもそもビデオチャットは、遠方にいるからこそ必要とされ導入されたのですが、ビデオチャットが微妙な距離感を保ちながら会話ができるため、お互いの意思疎通が図りやすいのです。
これは良くも悪くも答えを導きやすい手法だと私は思います。

そしてビデオチャットでお互いのことを理解したうえでお見合いへ移行するので、スムーズに事が運べます。

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い【まとめ】

日本の結婚相談所と国際結婚相談所の違い

日本の結婚相談所では、データマッチングを重視しているため、プロフィールだけで結論を出されることも少なくありません。

いっぽう国際結婚相談所では、プロフィール交換のあとにビデオチャットを挟むので、会える可能性が高いうえに、いい距離感を保ちながら会話ができるため、お相手にも好印象を与えることができます。

日本の結婚相談所も双方の間にナコード役が必ず入り、様々な手段を用いて男女に提案してもらえれば成婚率もあがってくると私は考えます。

谢谢 再见!

この記事を書いた人物

国際結婚相談所 君悦

コクサイ婚では、元法律家である行政書士がナコードする安心の国際結婚相談所です。
在籍している女性は、中国の大連やハルピン出身の比較的、親日といわれる日本語が堪能な中国人美女です。
会員登録費や月会費などは一切かからず、中国人美女と無料でビデオチャットをお楽しみいただけます。
バツイチの方や日本人女性を苦手とする日本人男性はぜひエントリーください。
実際に国際結婚を果たした法律家が安心の国際結婚をお約束いたします。

詳細はこちら

ご相談はこちら